トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

壊滅の危機の「農地」を守れ!

【2009年12月の一般質問③ 実は重要、松戸の農業!】

◆松戸市にも農地が必要な理由◆

※写真はイメージです

※写真はイメージです

 松戸で農業、と聞いてピンとこないのも無理はありません。

 と言うのも、今や農家の人口比率は僅か1%未満(0.9%)、 耕地面積は市域の1割強(12.9%)に過ぎません。
農地の確保は、食料・エネルギー面だけでなく、自然環境の保護や景観、災害時などにも力を発揮し、広く経済効果に影響します。普段は意識していなくても、我々の生活を影で支えていてくれる必要不可欠な存在です。

 しかし、高齢化や後継者不足、経営困難などで、農家数は減る一方。このままでは今の畑や田んぼも‘マンション’や‘駐車場’に姿を変えてしまうでしょう。人工的な街の姿になり、我々はますます「土」から離れた生活を強いられてしまいます。今こそ、手を打たなければなりません。

【山中の提案】
市が責任を持って農地確保に取り組んだ上で、市民が広く農業に協力できるような仕組み作りを急ぐべき。(例:直売所など)また、話し合いの場である「農業振興協議会」などもどんどん公開 (オープン )にして、市民に方向性を示すべき!

【けいじの政治 Vol.13-3】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

【けいじの政治 Vol.13-3】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

更新日時: 2010/01/12  カテゴリ: けいじの政治, 一般質問

松戸市の「顔」、市立松 戸 高校。 …まずは制服の乱れを直そう!

【2009年12月の一般質問②  在校生・卒業生・受験生必見!】

◆たかが身だしなみ?…されど身だしなみ!◆

【質問の背景】
 市議会議員は毎年、「来賓」として市内小中学校、そし て市立高校の入学式・卒業式に招待されます。 議員になって初めて行った市松の卒業式でビックリしました。一番最後の大事な式典だというのに、制服を着崩す生徒、ネクタイもしっかり締めずユルユル、上履きのか かとを踏んでいる生徒…このまま次の社会へ出て大丈夫 かと、見ているこちらが心配になる姿が少なくない。入学式の時はみんなキチンとしていたのに…。

 ウォルト・ディズニーの名言の中に「現状維持では、後退するばかりである」という言葉があります。進歩しないのは、(進歩できるはずの分の)未来に対して遅れをとっているという意味でしょう。しかし、今回のケースは入学式でできていた事が3年後の卒業式でできていないのですから事実上の‘後退’です。1年で約10億の税金の投入額に見合った教育効果がでなければ、とイチマツの不安を感じます。風紀の乱れは、学力の低下だけでなく、危ない事故やいかがわしい事件等に巻き込まれる可能性をも高めます。小さなことのように見えますが、実は意外と重要な問題と考えます。今から、何とかせねば。

【どうする、市教委…!?】
 ちゃんとした身だしなみの生徒もいますが、一部でも乱れがあれば「市松」の、ひいては「松戸市」のイメージダウンになります。議会では、少なからぬ数の生徒の服装の乱れがあると認められました。3月の卒業式で、どのくらい改善されたか、拝見してきます(…呼ばれれば、ですが)。

【けいじの政治 Vol.13-2】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

【けいじの政治 Vol.13-2】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

更新日時: 2010/01/12  カテゴリ: けいじの政治, 一般質問

公立保育所の「定期消毒」が、 実はとても危険な状態だった!

【2009年12月の一般質問① 子育て中のお母さん必見!】

◆ 消毒が危険!?それってどういうこと?◆

※写真はイメージです

※写真はイメージです

 保育所は就学前の子どもが過ごすところ。特に、0歳児 の赤ちゃんはハイハイしたりして地面に手をつける機会 も多い。そこで、保育所の床や壁をゴキブリ・ダニなどの 害虫から守るために、保育所では 5 月と 11 月に定期消毒 をしています・・・とここまで聞くと、とても良いことの ように思えます。

 しかし、薬剤の種類や用法を守らないと、虫だけでなく 、 人間にもアレルギーなどの被害が出る恐れがあります。
松戸市では、今はもう全国的に殆ど使用されていない神 経毒性の強い「有機リン系化合物」を使用(あのサリンも 有機リン系です…どれほど危険か分かりますね)していま した。カーペットなどに残留した薬剤が、赤ちゃんの手に 付いて誤って吸引したら…大変なことになります。

 実際、薬剤(有機リン系化合物)を使って消毒を行った 北海道のある老人ホームでは、45 人もの方が健康被害を
訴えるという、大事件になりました。 また、事前の害虫の生息調査や、措置水準を細かく決め た国(厚労省)からの通知も、私が指摘するまで、市は全 く知らない有様でした。

【山中の指摘を受けて…】
不幸中の幸い、市の担当者は素直に落ち度を認め、とり 急ぎの対処として、安全度の高い薬品に変更して 11 月の 消毒が行われました。 まだ細かい点は不十分な運用ですが、今後、確実に改善 をすると約束してくれました。これでようやく、改善へ!!

【けいじの政治 Vol.13-1】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

【けいじの政治 Vol.13-1】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

更新日時: 2010/01/12  カテゴリ: けいじの政治, 一般質問

【第3回けいじの政治theライブ】~これまでのけいじと、これからのけいじ~

けいじの政治THE LIVE!~これまでのけいじとこれからのけいじ~けいじの政治THE LIVE!~これまでのけいじとこれからのけいじ~

「もっと、もっと俺をこき使え!!」

早いもので、私が議員になってからもうすぐで丸3年。
毎回の議会での一般質問、議案質疑・討論など全力で登壇を重ねて、より良い松戸市民の暮らしのために奔走してきました・・・しかし、私はまだまだ満足していません。
実現できたものがある一方で、まだまだ実現に至っていない政策もたくさんあります。
この現実を常に直視しながら、驕ることなく次の活動へ繋げたいと考えています。
 そこで、第3回けいじの政治theライブでは、「これまでのけいじと、これからのけいじ」と題して、参加者が今までの私の政策を検証しながら、更に「こんな政策あったらいいな」と意見を言うことができる場にします。(市民がいつも‘傍聴’はつまらない!)

【第3回けいじの政治theライブ】~これまでのけいじと、これからのけいじ~
11月8日(日)10:30am~ 開場 @新松戸市民センター会議室

 

会場の関係上、今回は原則、事前申し込み制(先着40名)とさせて頂きます。
参加資格はいつも通り、「なし」。希望すればどなたでもお気軽に参加できます。

◆お申し込みは、
・メール(keiji@mskj.or.jp)か、こちらの送信フォーム
・またはFAX(047-348-3933)で、
住所、氏名、電話番号、メール(任意)を明記の上、「ライブ参加希望」と書いてお申込み下さい。

更新日時: 2009/10/05  カテゴリ: けいじの政治

実現しました!(6月一般質問で山中けいじが提案)

防災行政無線の活用がスタート!認知症高齢者の早期発見へ!

山中けいじの一般質問、いよいよ実現へ!
山中けいじ一般質問 皆様にお伝えしました、山中けいじの一般質問(H21年6月議会)、市民を守るための政策が、10月1日から実現化されることになりました。内容は、(特に高齢者の)行方不明者が出た時、市内全域に既にある防災無線をフル活用して市民全体に呼びかける事です。普段はあまり気にする事のない「防災行政無線」ですが、実は市内全域にあるんです。(※総務省の指示で設置済です)

 今までの登録制「安心・安全メール」よりも遥かに効果的で、‘迅速に’、‘幅広く’、‘お金をかけずに’今より発見の確率をUPします。不特定多数の市内住民に行方不明者の身長・特徴や発生場所等の情報を呼びかける事で、事故や災害に遭うかもしれない危険な状態から少しでも早く発見され、行方不明者の解決に繋がるようになります。

 特に夏や冬などは、高齢者の行方不明は命の危険と直結しています。今回のテーマは、市内で実際に起きた事件を元に当事者様の御協力を得て質問にこぎつける事ができました。

 皆様の御協力、ありがとうございました!!

◇◆◇

山中けいじから皆様へのお願い
~議員の一般質問だけでは、実現できないから~

皆様の御協力を!

皆様の御協力を!

今後この防災無線の活用が効果的に機能するためには、皆様の以下の御協力が欠かせません。

認知症高齢者の方が行方不明になった場合は、警察(110番)へ通報して下さい。
行方不明者に関する放送が防災無線から流れたら、ちょっと気にして街を見るようにして下さい。

<市民の力で、早期発見につなげましょう!今後ともよろしくお願いします。>

更新日時: 2009/10/05  カテゴリ: けいじの政治, 一般質問

議会報告会のお知らせ

議会報告会のお知らせ
・10月11日(日)17:30~ 新松戸市民センター(会議室)
・10月23日(金)18:00~ 市民劇場(第2会議室)
・11月 5日(木)18:30~ 新松戸市民センター(会議室)
・11月 7日(土) 9:30~ 馬橋市民センター(第2会議室)

一般質問等のビデオを、解説を加えて分かりやすくお伝えします。市議会での出来事も生々しくお話します。どうぞ気軽にお越し下さい(全て無料)!

更新日時: 2009/09/17  カテゴリ: けいじの政治

けいじ、議会基本条例に反対!

けいじ、議会基本条例に反対!

~背景~

12/3、県下初の「議会基本条例」が松戸市議会で制定された。

☆議会基本条例とは?☆

議会の役割、議会と市民との関係、議会と市長との関係、議会・議員が負うべき責務等を明確にし、これからの議会のあるべき姿を定めることで市民の負託に応える地方主権にふさわしい、開かれた議会を目指そうとするもの。カンタンに言ってしまえば、議会の「体系的な運営ルール」のようなもの。

松戸市で初の制定!と言うと、非常に聞こえは良い。

・・・しかし、その策定過程(プロセス)はひどいものだった。

‘議員有志’で作ったとされるこの条例だが、実際は‘会派代表’有志にすぎず、無所属議員の参加は一切認めず。少数派の意見は切り捨て御免!の悪弊は今回もそのまま残った。

また、条例中に議員間討議の充実(第6条)を(うた)っているのに、全員協議会では不十分な答弁に終始し、本会議ではなんと上程して数分後にもう採決! 通常プロセス(質疑、委員会付託、討論)は全部省略!!議論の充実は口だけ?

他にも、議員と職員の打合せ時に市民の同席すらも認められくなる(今まで認められていた)など、内容が事実上『後退』した点も目立つ。

「充分な議論」や「開かれた議会」の美辞麗句が空しく響くことこの上ない。

議会改革で著名な江藤俊昭・山梨学院大教授大森彌・東大名誉教授、廣瀬克哉・法大教授らは口をそろえて「議会基本条例は、その性質上、(他の条例と比べても)特に策定プロセスが極めて重要である」と仰っているが、こんなお粗末な条例で本当にいいのか、松戸市議会!!

 

これに対しけいじは「異議あり!」を申し立てたが多数決で却下。通常認められる発言(討論)すら認められず。実効性を伴わない条例はまさに「仏造って魂入れず」。断固「反対」を表明し、同日、記者会見を開いた。

 

ここまで違う!
議会基本条例~各議会の過程を比較~

県下初の議会基本条例…だが        

松戸市

VS 議会改革でお馴染みの!        

流山市

H19年12月(約1年) 策定期間
(委員会化の期間)
H20年3月~現在も活動中 ※来春可決予定
三人以上の会派の議員のみ
(無所属は一切認めず)
委員会参加委員 一人会派議員も参加

途中からなんとか可能に。

(委員会の)
議員の傍聴

最初から全てオープン

×

完全シャットアウト!

市民の傍聴

最初から全てオープン

×

皆無

市民が意見を述べる場

シンポジウム等で公開質問あり

×

またしても皆無

専門的知見の活用

民間研究所の職員・学者等も参加

×

だから皆無だってば

公開シンポジウムなど
開催の実績

公開シンポジウム1回・出前報告会2回

考えていない(記者会見より)

パブリックコメントの実施
(市民の意見を聞く)

11~12月まで1ヶ月間(実施済)

(強いて言えば)議会上程直前!の全員協議会で唯一

全議員を対象とした
条例の中身の説明会等

全ての議員を対象に集中講座、他

(強いて言えば)上記全協の傍聴者が3名!

市民参加できる場所と
その人数(傍聴者数)
全部あわせて
傍聴者が100名突破!
更新日時: 2009/01/31  カテゴリ: けいじの政治, メディア掲載歴
Page 8 of 8 «1 ... 5 6 7 8

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!プライバシーポリシー