トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

【7,551票の重み】・新生『市民力』とともに感謝は行動でお返しします!

松戸市議会議員選挙、当選しました!

当選翌日です!さっそく駅頭活動です^ ^

このたび、市民の皆様のお陰で当選いたしました。政党公認・推薦候補が溢れる中、またも過去最低の投票率(36.19%)を更新する大逆境だったにもかかわらず、一貫して無所属・無党派の山中けいじに「7551票」のご支持を頂きました(得票数などの結果はこちら)

実は、今回は一番大変な選挙でした。
4期目を目指す重責に加え、12年間で皆様とのお付き合いの数が増える中でも体は一つ。
つくづく、選挙は大きな組織が有利だと思いました。

『票を落としても、けいじの政治塾公認の中西かすみさんを受からせたい』の宣言通り、願いが叶いました。

「前回得票数より下がったね」というお声を頂くかと思いましたが、逆でした。

‘(山中が言う通り)中西さんに入れたよ!’、と政策投票をして下さった方々が意外と多く、過去最低の投票率だったことを考えると、実は奇跡的な得票でした。

正直、私にとっては望外の喜びであります。それに、2人合わせて1万票以上というご指摘を沢山の方からいただきました。そうです、市民力の力は、実は伸びているのです。
・・・新生『市民力』、力を合わせて頑張ります!

感謝はすべて議会における行動でお返しします!

過去最低の投票率での当選。

政党公認候補が圧倒的に多い中、一貫して無所属無党派での当選。

大きな選挙事務所も持たず、等身大の活動での当選。
(更に言えば現在改修中で、灰色の工事用ヴェールで包まれています。外からほぼ見えません)

プロのウグイスも雇わず(いつも通り)、草の根選挙での当選。

市民ボランティアによる選挙で、当選。

改選直前に有無を言わさぬ懲罰(戒告)を科された中での、当選。

その懲罰が問題ある内容には一切触れず「議会だより(11/1発行)」で市内全域に懲罰が科されたことがばら撒かれる中での、当選。

訴訟で世の中に問う行動を始めた選挙直前の11/5からの中での、当選。。

自らも出馬し、他の公認候補・中西かすみを応援しながらの当選。

私一人の限界で初日で早々に喉が枯れても、当選(お聞き苦しくてすみません)。

議員仕事や人生初の訴訟と選挙応援と並行した中での、当選。

 

・・・だからこそ意味があり、価値が大きいと考えています。

多くの他候補の行っている政党選挙や、特定組織を母体とした地盤ありきの勝利とは、私は根本的にやっていることが違うのです。

これは、私個人では絶対に、絶対に達成できるものではありません。市民の皆様のお力添えのお陰に他なりません。今後も、感謝はすべて議会における行動でお返しします。

更新日時: 2018/11/20  カテゴリ: news, けいじの政治

山中けいじ4年間の活動の軌跡(主要掲載物のみ)

松戸の未来は僕らの手の中!

(凡例) ■…書籍・雑誌・新聞記事  ☆…インターネット  ★…テレビ

■東京新聞 H27.6.12  ■朝日新聞 H27.6.12

→ Cocot(ココット)関連記事

サポセン指定管理者だったCocot(ココット)を市が訴えた裁判。
議会は賛成。山中は真相追及の質疑を重ねた。
(解説)山中啓之が当初から反対していたNPO損害賠償に市が踏み切るも、事実上の完全敗訴。議会における山中の発言が重要な裁判の証拠の1つに用いられた。

■自治日報 H27.6.19/H28.3.4/H28.8.12/H29.2.10/H30.4.13/H30.11.2

平成28年の3月4日号の自治日報

全国唯一の自治体専門紙「自治日報」のコラム『議会』を6回の掲載で飾る。
著名な投稿者たちと肩を並べ、全国の議員や行政関係者からも注目を集める。

■読売新聞 H28.11.3

議員になって直ぐに報酬明細を公開。その後、政務費も公開。たった1人の議員の情報公開活動から議会が変わった!2017年からは松戸市議会全体が公開に重い腰を上げ、現在は公開中!(山中啓之は領収証の他にも全て公開)

<PTA問題>

■東京新聞 H29.6.2(全国版)

→ 『考えようPTA』 議会での鋭い質問が掲載

PTA問題に布石。4~5回に及ぶ議会質問にて追及、市教委の態度変化を促す。

■東京新聞 H29.11.24(全国版)

→ PTAの『「加入は任意」遵守促す』

2018年4月、再三のけいじの質問に市教委が重い腰を上げ、初の通知が出された。
内容は初歩的であるが、役所の態度変化としては画期的な前進を刻んだ。

■『松戸革新懇ニュース』 H29.5・6月号(2面見開き)

→ インタビュー記事

党派を超えて山中の活動や政治姿勢が取り上げられ、異例の(?)人物紹介。

■読売新聞 H29.12.22

読売新聞 健康福祉会館の購入問題高額な健康福祉会館購入に反対。議会は可決するも、税金の無駄使いと市民感覚を訴える。少数派にも拘らず、最大手の読売新聞が掲載。


<伊勢丹問題>

■産経新聞 H29.9.6(カラー面)

→ けいじの活動が掲載

不透明だった伊勢丹松戸店と市の契約の真相を明らかにした。

■千葉日報 H29.9.7(カラー面)

→ けいじの活動が掲載

けいじの質疑により新聞紙・経済紙各紙が反応。

■『週刊東洋経済』 H29.9.23日号

☆東洋経済オンライン/☆Yahoo!ニュースにも引用される

※注:伊勢丹問題は数が多いため、全ての記事を拾い切れていません


その他

議員10年の永年勤続表彰の宝石バッジ&賞状を辞退(無所属で唯一)

→「議員を長くやれば偉いという意識こそが、今の議会の旧弊を維持しているのです」

更新日時: 2018/11/05  カテゴリ: news, けいじの実績, けいじの政治, メディア掲載歴

松戸市議会:個々の議員の議案等の賛否態度について

皆様ご存知でしょうか?

市民の税金で運営されている松戸市議会は、松戸市で最も重要なことが決まるところ。その「議決権」は、市民に選ばれた44人の代表者である「議員」にしか与えられていません。しかし松戸市議会では、未だにどの議員がどの議案に賛成したか・反対したか、つまり個々の議員の賛否の態度が市民にはわからないのです。

近隣市の流山市、柏市、我孫子市などではとっくに完全公開されていますが、松戸市議会発行の「議会だより」には一時期(H25年6月議会分まで)掲載されていた『会派ごとの賛否』態度の一部すら、掲載の継続反対の議員が多く(※下記注)、それ以降は旧態依然の形に逆戻りし、現在に至っています。

『自分が一票を入れた議員の議会での態度』が「議会だより」でも「HP」でも分からない松戸市議会。それどころか個々の賛否は公的な記録にすら残りません。

市民の知る権利は? 議会改革は?
この現状を前に山中けいじは、自分で調べて公開することにいたしました。なお、この取り組みは外部組織からも評価(優秀コミュニケーション賞受賞)いただいており、もはや現代では「情報公開」は当たり前のものとなりつつあります。
これを機に、少しずつでも公開推進の輪が広がれば幸いです。

※注:広報委員会(H25年9月3日)で会派掲載の継続に・・・
☓反対した委員:鈴木大介、木村みね子、諸角由美、高橋伸之、市川恵一、渋谷剛
◎賛成した委員:山中啓之、宇津野史行、関根ジロー

◇◆◇

NEW!! 【H30年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H30年9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H30年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H30年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H30年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H30年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H29年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H29年12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

 【H29年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

【H29年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

 【H29年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H29年6月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H29年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H29年3月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H28年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H28年9月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H28年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H28年9月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H28年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H28年6月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H28年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H28年3月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H27年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H27年12月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H27年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H27年 9月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H27年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H27年 6月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H27年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H27年 3月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

【H26年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年12月 松戸臨時議会:個人の議案等の賛否態度について

【H26年 11月27日 臨時議会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年11月 松戸臨時議会:個人の議案等の賛否態度について

【H26年 10月20日 臨時議会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年10月 松戸臨時議会:個人の議案等の賛否態度について

《今回の賛否の見どころ》

臨時議会の病院補正予算は「可決」となりました。高額となる病院建設費用でした。しかしこれ以上、議論を先延ばしにする事は患者の命の観点から出来ないという判断で、苦渋の賛成でした。

議会からは、開院スケジュールの順守や3年以内に病床数600、稼働率90%を必達する事、一般会計に頼ることなく病院経営をする事等の‘注文’が付帯決議という形で付きました。

《↑》ページの先頭へ

【H26年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年 9月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《今回の賛否の見どころ》

議会の決定を決定づけている最大会派の「公明党」、保守系会派の「松政クラブ」、「市民クラブ」が今回も一糸乱れぬ同じ態度をとっているのは説明の必要もないでしょうが、今回の目玉は、やはり何と言っても松戸市議会議員定数条例の一部改正(議員提出議案第15号)です。

「継続」(=先送り)が大多数の中、「市民力」は今定例会で決着をつけねば!と継続に反対を貫きました。「民主・社民クラブ」は会派内で賛否態度が割れ、無所属議員の4人もそれぞれの態度が表明されました。

いずれにせよ言えるのは、千葉県下の全37市議会で削減率・数共に単独ワースト1位を爆走中の松戸市議会の中には、議員定数を減らそうという声が非常に少ないという事です。そしてそれらの議員を選んでいるのは、有権者である松戸市民の皆様であるという事実です。

《↑》ページの先頭へ

【H26年 7月29日 臨時会議】 審議結果(原案に対する態度)

H26年 7月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について
議題となったのは議案第14号「松戸市一般会計補正予算(第2回)」の1つのみでした。仮称関台小学校の建設事業についての補正予算。入札の見直し等で増額となり、7億6698.5万円の補正予算を計上することとなりました。

■個々の議員の賛否の結果
議案14号は賛成多数で「可決」となりました。反対した議員は、大橋・中田・桜井の3議員(敬称略)で、他は全議員が賛成でした。

《↑》ページの先頭へ

【H26年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年 6月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H26年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H26年 3月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H25年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H25年12月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H25年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H25年9月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H25年 6月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H25年6月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H25年 3月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H25年3月 松戸議会:個人の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H24年 12月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

H.24年12月議会 各議員の議案等の賛否態度について

《↑》ページの先頭へ

【H24年 9月定例会】 審議結果(原案に対する態度)

クリックで別窓に拡大・PDF 6MB

更新日時: 2018/10/02  カテゴリ: けいじの政治

【調べてみました】新松戸駅 東側の再開発 意向調査レポート!!

新松戸駅東側のまちづくりについて行政が動いているようですので、簡単にまとめてみました。

まず市は土地所有者などを対象に個別に意向調査を行ったとのことで、今後、土地区画整理事業認可を目指しているようです。

私は、常磐線快速の新松戸駅に停車を目指したいと思います。


調べてみました! 本地区経緯(概要)

新松戸東側のまちづくりについて、
調査対象地域や今後の想定スケジュール(仮)
はこうなっています!

更新日時: 2018/09/03  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【調べてみました】松戸市内の鉄道駅のバリアフリー状況はこうなっています!!

「JR松戸駅のエレベーターはいつ設置されるの?」
「他の駅はどうなってるんだっけ?」

などのお問い合わせをよく頂くので、調査して一覧表にしました!

とくに松戸駅は駅ビルが‘凍結’されて以来、デッキ部分と駅構内部分がごっちゃになってわかりにくいので、分けて表示するようにしました。


調べてみました!その①
松戸駅西口デッキ整備及び JR東日本の松戸駅改良事業について

JR松戸駅のバリアフリーの状況はこうだ!

調べてみました!その②
松戸市内鉄道駅バリアフリー設備整備状況一覧

一挙大公開!市内各駅のバリアフリー状況はこうだ
JRはもちろん、新京成・北総・東武・流鉄まで、全駅を掲載しています!

調べてみました!その③
松戸市内鉄道駅バリアフリー化事業補助金 交付実績一覧(平成20年度以降)

「ところでバリアフリーにはいくらくらいかかってるの?」「市の負担は?」
なども、徹底的に調査してみました!

更新日時: 2018/04/09  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【調べてみました】松戸市内の中学校の制服(学用品)って、いくらかかるの?

アルマーニの制服導入で物議を醸している都内の某小学校。なんでも全部で9万円近くかかるらしいですね。
ところで、私たちの松戸市の義務教育はどうなっているのでしょう!?

・・・というワケで、松戸市内の中学校1年生入学時の学用品の値段を調べてみました!


《こちらの資料をご覧ください》

調べてみました!その①
市立中学校入学時学用品について 中学入学時必要品

一挙大公開します! あなたの学校の制服はいくらでしょうか?

【資料1】 市立中学校入学時学用品について 中学入学時必要品

調べてみました!その②
学用品変更実績一覧と手続きの流れ

そもそも制服や必要品って誰が決めると思いますか?
最終的には校長裁量で決まっているのですが・・・そこで、実際の制服等変更や決定の流れも全部調べてみました!

【資料2】 学用品変更実績一覧と手続きの流れ

◇◆◇

どこもアルマーニほどは高くないようでホッとしました。

制服の他、どこまでを学用品に含めるかはその学校の校長先生の裁量次第ですが、値段の高い学校と安い学校では男子・女子ともに1万円以上差がありますね。

セット割引も個々に事情が違いますが、事実上特定地域の‘寡占状態’なので、もっと安く手に入れる事ができないものでしょうか。値段が比較的検討しやすい情報提供や、制服バンクの導入も一考の価値ありだと思います。


更新日時: 2018/03/28  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

やっぱりおかしい!健康福祉会館の購入問題

2017年、松戸市議会12月定例会において、私が健康福祉会館購入議案に反対した事が、読売新聞12月22日号に掲載されていました。

読売新聞 健康福祉会館の購入問題

<背景>
前市長の近しい方が土地を貸してくれており、市は高い額を払い、借りて使っていました。
今回、20年の契約が切れ、所有者が売却を提示しました。
市が高額で買い取る計画に対し、多くの保守系市議は反対できず。
ああだこうだ言っても結局「賛成」でした、彼らは。

今回も、反対討論を行ったのは山中だけ。
結果、ある会派が割れて反対したのは私の他2名になりました。

◇◆◇

PTA会則の時もそうでしたが、自ら「載せて!」と言ってもいない発言が新聞や雑誌等に記事になるたび、なぜ多数派ではない私の声が掲載されるのかな、とふと考える時があります。

私が議会の多数派と感覚がずれているのか・・・はたまた、世間と議会がずれているのか。

§

伊勢丹松戸店閉店の時もそうでしたが、ほとんどの市民が知らないままに可決されてゆく議案や、知っていても多くの議員がしっかりと「NO」と言えない事、また少数派やたとえ1人だけになっても、私は政治家でいる限り、信念をもった事に関してはストレートに声を上げ続ける事を誓います。

更新日時: 2017/12/25  カテゴリ: けいじの政治, メディア掲載歴

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-01

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-02

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-03

山中啓之の議案質疑 9月5日(火)

本件に対して9月5日(火)の議案質疑にて追及。
内容は主に本契約の発祥( どちらが・いつごろ言い出したのか)、伊勢丹だけ‘特別扱い’なのか(税投入の公平性・平等性)、伊勢丹の縮小や撤退リスクは本当にないのか(どこまで食い止められると考えているのか)、10年後はどうするのか(評価・判断基準) 、市民の意見集約や合意形成はどこでされたのか、各種指標の算出根拠や妥当性など。

採決は9月25日の日曜日

更新日時: 2017/09/07  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い

伊勢丹松戸店に、負債負担行為 21億600万円、9年9ヶ月

撤退が心配される伊勢丹松戸店に対して、松戸市は今議会に突然、補正予算でドデカい債務負担行為を設定してきた(議案第12号)。同店4階のフロア約506坪をテナントとして借り、そこに各種公共施設などを整備するというのだ。

市は中心市街地の活性化や経済効果を見込んでいるが、松戸駅に近いプラーレよりも坪単価が高く、10数万人と推測している利用者見込みも甘すぎるとの指摘は無視できない。人口減少社会、少子高齢化などで財源厳しき折に、公共施設白書全体の運用も定まらぬ中、次々に複合化されてゆく各施設。要に、市が賃借する期間は同店も賃借契約を続けるというもので、まるで「伊勢丹延命策」に見えてしまうのは私だけだろうか…そして何よりこの計画本当にうまくいくのだろうか。

突然降って沸いたようなこの話。大事な事ほど時間をかけて決めるべき。しかしどうしても懸念しているのは、この短い期間に充分に議会や市民とも議論せず、ドタバタ急展開での提案→決定してしまうことである。民主主義に必要な「議論」は一体どこへ。可決されれば今年度から契約期間が発生する。そして・・・莫大な市民の税金が今、短期間の議論だけを経て投入されようとしているのだ!!

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い01

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い02

山中啓之の議案質疑 9月5日(火)

本件に対して9月5日(火)の議案質疑にて追及。
内容は主に本契約の発祥( どちらが・いつごろ言い出したのか)、伊勢丹だけ‘特別扱い’なのか(税投入の公平性・平等性)、伊勢丹の縮小や撤退リスクは本当にないのか(どこまで食い止められると考えているのか)、10年後はどうするのか(評価・判断基準) 、市民の意見集約や合意形成はどこでされたのか、各種指標の算出根拠や妥当性など。

採決は9月25日の日曜日

更新日時: 2017/09/05  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治
Page 1 of 7 1 2 3 4 ... 7 »

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!