トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

【調べてみました】新松戸駅 東側の再開発 意向調査レポート!!

新松戸駅東側のまちづくりについて行政が動いているようですので、簡単にまとめてみました。

まず市は土地所有者などを対象に個別に意向調査を行ったとのことで、今後、土地区画整理事業認可を目指しているようです。

私は、常磐線快速の新松戸駅に停車を目指したいと思います。


調べてみました! 本地区経緯(概要)

新松戸東側のまちづくりについて、
調査対象地域や今後の想定スケジュール(仮)
はこうなっています!

更新日時: 2018/09/03  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【調べてみました】松戸市内の鉄道駅のバリアフリー状況はこうなっています!!

「JR松戸駅のエレベーターはいつ設置されるの?」
「他の駅はどうなってるんだっけ?」

などのお問い合わせをよく頂くので、調査して一覧表にしました!

とくに松戸駅は駅ビルが‘凍結’されて以来、デッキ部分と駅構内部分がごっちゃになってわかりにくいので、分けて表示するようにしました。


調べてみました!その①
松戸駅西口デッキ整備及び JR東日本の松戸駅改良事業について

JR松戸駅のバリアフリーの状況はこうだ!

調べてみました!その②
松戸市内鉄道駅バリアフリー設備整備状況一覧

一挙大公開!市内各駅のバリアフリー状況はこうだ
JRはもちろん、新京成・北総・東武・流鉄まで、全駅を掲載しています!

調べてみました!その③
松戸市内鉄道駅バリアフリー化事業補助金 交付実績一覧(平成20年度以降)

「ところでバリアフリーにはいくらくらいかかってるの?」「市の負担は?」
なども、徹底的に調査してみました!

更新日時: 2018/04/09  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【調べてみました】松戸市内の中学校の制服(学用品)って、いくらかかるの?

アルマーニの制服導入で物議を醸している都内の某小学校。なんでも全部で9万円近くかかるらしいですね。
ところで、私たちの松戸市の義務教育はどうなっているのでしょう!?

・・・というワケで、松戸市内の中学校1年生入学時の学用品の値段を調べてみました!


《こちらの資料をご覧ください》

調べてみました!その①
市立中学校入学時学用品について 中学入学時必要品

一挙大公開します! あなたの学校の制服はいくらでしょうか?

【資料1】 市立中学校入学時学用品について 中学入学時必要品

調べてみました!その②
学用品変更実績一覧と手続きの流れ

そもそも制服や必要品って誰が決めると思いますか?
最終的には校長裁量で決まっているのですが・・・そこで、実際の制服等変更や決定の流れも全部調べてみました!

【資料2】 学用品変更実績一覧と手続きの流れ

◇◆◇

どこもアルマーニほどは高くないようでホッとしました。

制服の他、どこまでを学用品に含めるかはその学校の校長先生の裁量次第ですが、値段の高い学校と安い学校では男子・女子ともに1万円以上差がありますね。

セット割引も個々に事情が違いますが、事実上特定地域の‘寡占状態’なので、もっと安く手に入れる事ができないものでしょうか。値段が比較的検討しやすい情報提供や、制服バンクの導入も一考の価値ありだと思います。


更新日時: 2018/03/28  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-01

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-02

【号外続報!第2弾】松戸市、伊勢丹との契約の真相が続々と明らかに!-03

山中啓之の議案質疑 9月5日(火)

本件に対して9月5日(火)の議案質疑にて追及。
内容は主に本契約の発祥( どちらが・いつごろ言い出したのか)、伊勢丹だけ‘特別扱い’なのか(税投入の公平性・平等性)、伊勢丹の縮小や撤退リスクは本当にないのか(どこまで食い止められると考えているのか)、10年後はどうするのか(評価・判断基準) 、市民の意見集約や合意形成はどこでされたのか、各種指標の算出根拠や妥当性など。

採決は9月25日の日曜日

更新日時: 2017/09/07  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い

伊勢丹松戸店に、負債負担行為 21億600万円、9年9ヶ月

撤退が心配される伊勢丹松戸店に対して、松戸市は今議会に突然、補正予算でドデカい債務負担行為を設定してきた(議案第12号)。同店4階のフロア約506坪をテナントとして借り、そこに各種公共施設などを整備するというのだ。

市は中心市街地の活性化や経済効果を見込んでいるが、松戸駅に近いプラーレよりも坪単価が高く、10数万人と推測している利用者見込みも甘すぎるとの指摘は無視できない。人口減少社会、少子高齢化などで財源厳しき折に、公共施設白書全体の運用も定まらぬ中、次々に複合化されてゆく各施設。要に、市が賃借する期間は同店も賃借契約を続けるというもので、まるで「伊勢丹延命策」に見えてしまうのは私だけだろうか…そして何よりこの計画本当にうまくいくのだろうか。

突然降って沸いたようなこの話。大事な事ほど時間をかけて決めるべき。しかしどうしても懸念しているのは、この短い期間に充分に議会や市民とも議論せず、ドタバタ急展開での提案→決定してしまうことである。民主主義に必要な「議論」は一体どこへ。可決されれば今年度から契約期間が発生する。そして・・・莫大な市民の税金が今、短期間の議論だけを経て投入されようとしているのだ!!

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い01

【緊急号外!】松戸市が伊勢丹に21億円、約10年の支払い02

山中啓之の議案質疑 9月5日(火)

本件に対して9月5日(火)の議案質疑にて追及。
内容は主に本契約の発祥( どちらが・いつごろ言い出したのか)、伊勢丹だけ‘特別扱い’なのか(税投入の公平性・平等性)、伊勢丹の縮小や撤退リスクは本当にないのか(どこまで食い止められると考えているのか)、10年後はどうするのか(評価・判断基準) 、市民の意見集約や合意形成はどこでされたのか、各種指標の算出根拠や妥当性など。

採決は9月25日の日曜日

更新日時: 2017/09/05  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

中和倉地域でコミュニティバスが始まります!

市から情報提供のありましたコミュニティバスの試験運用が松戸市でも始まります。

近隣市をはじめ多くの自治体では何年も前から既に行っているコミュバス事業ですが、各地で赤字運用が指摘されることもあります。

高齢化に伴う流れの一環とするのか、市内23もの鉄道駅を要する松戸市に、更にコミュバスが本当に必要なのか、我々は大局観を持って見極めなければなりません

更新日時: 2017/05/30  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【速報!】土地開発公社の資料

山中啓之(市民力)がず~っと訴えているマニフェストの一つ「土地開発公社の解散」。

もはや時代遅れで用済みとなった外郭団体(天下りしたい職員OBにとっては用済みではないが!)の実態がここに。

後半には今後の一部土地の活用計画も載っています。乞うご期待!

クリックっでPDFを別窓表示します

クリックっでPDFを別窓表示します

更新日時: 2015/03/12  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治

【品川乗り入れ】JR常磐線の松戸駅時刻表

すでにご存知の方も多いと思いますが、松戸市民の足となっているJR常磐線、
3月14日に品川への乗り入れが始まります。

本日ひと足早く時刻表をGETしましたので!(FBにも書きましたが)
宜しければ、ダウンロードしてご活用ください。

クリックで大きな画像を表示します

クリックで大きな画像を表示します

更新日時: 2015/03/12  カテゴリ: 【速掲載】, けいじの政治
Page 1 of 2 1 2 »

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!