トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

山中けいじ4年間の活動の軌跡(主要掲載物のみ)

松戸の未来は僕らの手の中!

(凡例) ■…書籍・雑誌・新聞記事  ☆…インターネット  ★…テレビ

■東京新聞 H27.6.12  ■朝日新聞 H27.6.12

→ Cocot(ココット)関連記事

サポセン指定管理者だったCocot(ココット)を市が訴えた裁判。
議会は賛成。山中は真相追及の質疑を重ねた。
(解説)山中啓之が当初から反対していたNPO損害賠償に市が踏み切るも、事実上の完全敗訴。議会における山中の発言が重要な裁判の証拠の1つに用いられた。

■自治日報 H27.6.19/H28.3.4/H28.8.12/H29.2.10/H30.4.13/H30.11.2

平成28年の3月4日号の自治日報

全国唯一の自治体専門紙「自治日報」のコラム『議会』を6回の掲載で飾る。
著名な投稿者たちと肩を並べ、全国の議員や行政関係者からも注目を集める。

■読売新聞 H28.11.3

議員になって直ぐに報酬明細を公開。その後、政務費も公開。たった1人の議員の情報公開活動から議会が変わった!2017年からは松戸市議会全体が公開に重い腰を上げ、現在は公開中!(山中啓之は領収証の他にも全て公開)

<PTA問題>

■東京新聞 H29.6.2(全国版)

→ 『考えようPTA』 議会での鋭い質問が掲載

PTA問題に布石。4~5回に及ぶ議会質問にて追及、市教委の態度変化を促す。

■東京新聞 H29.11.24(全国版)

→ PTAの『「加入は任意」遵守促す』

2018年4月、再三のけいじの質問に市教委が重い腰を上げ、初の通知が出された。
内容は初歩的であるが、役所の態度変化としては画期的な前進を刻んだ。

■『松戸革新懇ニュース』 H29.5・6月号(2面見開き)

→ インタビュー記事

党派を超えて山中の活動や政治姿勢が取り上げられ、異例の(?)人物紹介。

■読売新聞 H29.12.22

読売新聞 健康福祉会館の購入問題高額な健康福祉会館購入に反対。議会は可決するも、税金の無駄使いと市民感覚を訴える。少数派にも拘らず、最大手の読売新聞が掲載。


<伊勢丹問題>

■産経新聞 H29.9.6(カラー面)

→ けいじの活動が掲載

不透明だった伊勢丹松戸店と市の契約の真相を明らかにした。

■千葉日報 H29.9.7(カラー面)

→ けいじの活動が掲載

けいじの質疑により新聞紙・経済紙各紙が反応。

■『週刊東洋経済』 H29.9.23日号

☆東洋経済オンライン/☆Yahoo!ニュースにも引用される

※注:伊勢丹問題は数が多いため、全ての記事を拾い切れていません


その他

議員10年の永年勤続表彰の宝石バッジ&賞状を辞退(無所属で唯一)

→「議員を長くやれば偉いという意識こそが、今の議会の旧弊を維持しているのです」

更新日時: 2018/11/05  カテゴリ: news, けいじの実績, けいじの政治, メディア掲載歴

【けいじの政策 通信簿】2014年版

【けいじの政策 通信簿】2014年版

山中けいじの議員活動8年間を振り返り、自己採点による通信簿を付けてみました。
自分に厳しく、辛口で採点したつもりですが、皆様からのご意見・ご評価を教えて下さい!

【けいじの政策 通信簿】2014年版

議員の最も基本的かつ重要な仕事は
(1)議案に対する「議決」 と
(2)一般質問等による「政策実現」
の2つだと思います。

ああだこうだ言っても、結局議員自身が何に問題意識を持って、それに対して具体的にどう取り組み、何が実現されたのかが重要です。

山中けいじは大政党の政策の受け売りや耳触りのいいキャッチコピーではなく、無所属議員として自らの問題意識に基づいて行動し、政策実現に取り組んでいます。

4年前(前回の通信簿)以上に◎は増えましたが、まだまだ課題山積です。皆様と一緒に解決策を考えたいと思います。

◇◆◇

4コマ「論より証拠」

論より証拠

 市民は、あんな街にしたい、こんな条例が欲しい…
という風に、様々な想いを持って票を投じています。

 しかし、それはその候補者が当選した後で、しっかりと叶えられていますか?行動で表されていますか?

 皆さんが納めた税金で議会は運営されています。言い方を換えれば、市民は議員たちの‘政策’を‘税金’というカタチで‘買っている’のです。

 お店で買ったものが最初ついていた値札と違っていたら、必ず皆さん怒るでしょう。

 政治の世界でも、約束(賛否態度、質問内容など)は守らせましょう。それが当然の民主主義の在り方なのです。

 しかし、個々の議案の賛否結果すら議会だよりやHPに掲載しない松戸市議会。どのようにチェックするべきでしょうか。

 私は個々の議員の賛否態度を公開しています。
あとは、それらを皆さんが判断材料に使って下さるだけです(当然、無料)。

◇◆◇

その他の山中けいじの実績(抜粋)

その他の山中けいじの実績(抜粋)

公約以外でも、民間感覚を取り入れた政策提言をして、様々な事が実現に結びつきました!

「行動実績」については、議会報告会(政啓談話)の開催や駅頭活動などをはじめ、情報発信や自己の能力研鑚など、‘自分さえ頑張れば出来る!’ものです(それすらやらない人も多いですが)。

ややもすればすぐに‘ムラ社会’と揶揄されるような市議会。

私はこの‘ムラ’の内輪に安住することを恐れ、常に己に厳しく政策の調査・研究・
研修を継続し、その成果を全国へ向けて政策提言・情報発信し続けています!


◇◆◇

これからの政策

これからの政策

皆様、4年前に私が掲げた政策を覚えていらっしゃいますか。

議案の賛否は議会の多数派に否決されて会派ごとの掲載すら無くなりました(自分で調査し、HPに掲載中)。

常設型住民投票条例の議案に賛成するも、これまた議会の多数派に潰されました。(参考:2010年04月12日の記事2013年07月17日の記事2013年12月12日の記事

つまり私は、自分でできる事は全てやりつくしました。

次は、議会を巻き込んだ大きな‘ムーブメント’が必要です。それが実現された時、『私たちの勝利』となるのです。

◇◆◇

けいじの政治 vol.32《特別保存版》ダウンロード

keiji-tsushinbo2014こちらより上記の内容を掲載したチラシ「けいじの政治vol.32・特別保存版」をダウンロードいただけます。

駅頭などでもお配りしておりますが、お持ちでない方は、是非プリントアウトしていただきじっくりご覧ください!


更新日時: 2014/10/24  カテゴリ: けいじの実績, けいじの政治

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!