トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
山中けいじが目指すもの

松戸市の治安対策の向上

松戸市の治安対策の向上

松戸市の治安対策の向上イメージ

 ベッドタウンとしての機能を充分に発揮し、安心して住み続けることのできる街であるために、治安の回復は一番の課題であると考えます。

 通学中の子供からお年寄り、夜遅くまで働く女性、皆が安心して歩く事ができる松戸市にしたいと思っています。

具体的な取り組み案など

松戸版「防犯マニュアル」の全戸配布

 防犯と一口に言っても、具体的に何に気をつければいいのか、いまいちピンと来ない。 例えば二輪車の買い物カゴにはネットをつけるとか、道路と反対側にかばんを下げる等、ちょっとした心がけ、つまり防犯のコツがあります。

 一つ一つは小さな心がけですが、その分すぐ始められる事ばかりです。これらのコツを集めれば、かなりの防犯効果が期待できます。

 そこで、それらをまとめた松戸版マニュアルを作成し、全戸配布するのです。 松戸市の危険な場所等も盛り込めば、引っ越して来た人、初めて来た人にも安心です。

街中連絡所の設置

 予防の面では、それだけでは十分とは言えません。現在、市内では民間の力を活用して、防犯に努めています。
 町会や自治会など各団体がボランティアで防犯パトロールなどを自主的に展開しており、私も定期パトロール等に参加しています。もっと体制の強化が必要です。

 そこで、小中学校の空きスペース等を利用して、市民パトロールの基点となる場所、不審人物の通報所となる場所を作ります。 子供の身を守る上でも効果的です。更にその際、シルバーの人材を活かせば、再雇用の促進にもつながります。

防犯灯の増設

 空き巣や忍び込み、引ったくり、痴漢など、多くの犯罪は暗い場所・暗い時間に起こります。

 そこで、暗い道を明るく照らし、子どもや女性にも歩きやすい街をつくります。普通の街路灯よりも設置が容易で、コストの安い防犯灯の設置数を増やします。
 できればセンサー付きで、暗くなったら自動点灯。これで更にコストを抑えて、文字通り「明るい」街にします。

 技術の進歩により、今後も明度やコスト面でもムダのない設置の実現が可能です。防犯対策に、防犯灯の充実を図るべきです。

「山中けいじが目指すもの」その他の項目 もどうぞご覧ください!
  1. 松戸市議会の改革
  2. 松戸市の治安対策の向上 【今見ているページ】
  3. 子育て・医療・福祉のさらなる充実
  4. 高齢者のパワーを活かす
  5. 地域問題への対策

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!