トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
山中けいじが目指すもの

松戸市議会の改革

松戸市議会の改革

松戸市議会の改革イメージ

 何を話しあっても、それに見合った結果がでなければ無意味です。 「結果」を出す政治の実現のためには、議員1人1人が襟を正し、 キャッチコピーや抽象論のみで終わることのない、具体的な『政策』を中心に、 十分な議論をすることが望まれます。

 多様化する現代の市民ニーズ。それらを吸い上げるには、何よりもまず、議員の質を高めることが必要です。 同時に、市民が議員と議会を効果的にチェックできるような仕組み作りが必要です。

具体的な取り組み案など

市議会の完全TV放映化(コアラ・インターネット)

 傍聴に来られた方によく「なぜあんなに居眠り議員が多いの?」「議員のヤジって、言って良いの?」と聞かれます。

 もちろん、改善が必要です。そのためには、議会に緊張感を取り入れ、一般質問もせずに居眠りしている議員・ヤジばかり飛ばす議員が誰かなどを しっかりチェックする事が必要です。市民に見られている「緊張感」を常に市議会に保ちます。

 また、平日の昼間は会社や学校などで、議会が見たくても見られない市民も沢山いらっしゃいます。 そこで、議会の生中継です。国会や他の都市でできているのに (※参考資料【議会 生中継】でYahoo検索した結果 )、松戸だけ遅れているわけには行きません!

「議会だより」で一般質問の質問議員の実名公開

 現在の議会だよりには、質問内容が書いてありますが、誰がどの質問をしたかまでは分かりません。

 そこで、質問をした議員の名前を傍に掲載することで、誰がどんな質問をしているかを明確にします。 質問した議員とその内容を対応することによって、その議員の関心や、「質」の高さ(or低さ)が分かります。

 また、各議案に誰が賛成・反対したのかも一目瞭然にします。各議案に対して賛成/反対の態度から、 その議員の「素顔」が見えてきます。市民の税金を使って生活している議員。 その態度や活動内容が不透明というでのは、説明責任を果たしたとは言えませんからね。

全議員の「資産公開条例」の制定

 国会議員や県会議員のように、市議会議員も資産公開をし、情報公開を促進します。 何もやましい事がなければ、情報公開することに問題はありません。

 昨年話題になった不透明な金銭の授受や、政治に対するグレーなイメージも、 数値で表す事により、はっきりと払拭します。我孫子市などでは前の市長が始めているので、全国では例もあります。

 市長と議員がやる気になれば、できるのです。私は、やりたいと思います!

年度予算の公開説明大会の開催

 1年の計は会計(予算)にあり。皆さんからお預かりした税金の使い道をはっきりと市民に示すことは当然の義務です。
しかし、予算関係の資料は実に沢山あり、議員でも読むのがとても大変な量です。
もっと分かりやすくして、納税者である市民にも知ってもらうべきだと考えます。

 前年までとの比較や、どういう経緯で、なぜ、その額の予算に決定したのか、行政から市民へ公開説明大会(仮)を開きます。 その場で市民からの質問にも受け付けますので、市民参加にもつながります。

 いかがでしょうか、あなたが納めた税金の使い道、もっと知りたくありませんか?

議員定数の削減。4年で46人→40人の6人減へ

 「地方議員は多すぎる!」と市民からよく言われますが、確かに多すぎるのは事実です。 議員定数を、減数条例で減らしましょう。最終的には半減しても良いかと思いますが、近隣都市並みに、まずは2~6人減が妥当な数字です。

 これでも、約3億円の削減につながります。少数精鋭で、活発な議論を!一人一人に責任が重くなれば、議員の資質が問われる事になります。 …でも、自分の身が危うくなる事って、なかなか議員は言い出さないんですよね…でも、私は声を大にして言います、「減らそう、議員定数を」!

「山中けいじが目指すもの」その他の項目 もどうぞご覧ください!
  1. 松戸市議会の改革【今見ているページ】
  2. 松戸市の治安対策の向上
  3. 子育て・医療・福祉のさらなる充実
  4. 高齢者のパワーを活かす
  5. 地域問題への対策

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!