トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

08年「やまなか議会」レポート第1部

2008年11月8日の土曜日の午後1:30から、

新松戸市民センター・大ホールにて

けいじの政治 the Live! 第2回「やまなか議会」

が開催されました。

当日は80名を超す参加者を迎えることができ、

また参加していただいた皆様の積極的な議論、提言、要望などが

自由な雰囲気の元、飛び交い、予定時間を1時間弱押してしまうほど

会場は熱気に包まれていました。

今回はそのライブの模様を出来る限り詳しくお届けします!

※なお、実際に「やまなか議会」第2部にて議案となった件に関し、ご参加いただいた皆様のご意見をまとめ、 12月1日、松戸議会運営委員会等へ提案書を提出いたしました。
 →松戸議会運営委員会等へ提出された提案書を見る(PDF 48KB)

けいじの政治 the Live! 第2回

「やまなか議会」スタート!


【第1の議題】

■公務員の給料は上げるべきか?

ご参加いただいた皆様のご意見

1)30代男性

  • 議員報酬に関しては、選挙の当選順位で報酬をランク付けしてみてはどうか?
  • 選挙に落選した場合、次回選挙まで失業保険的な保証の仕組みがあれば政治に興味を持つ人々が楽に政治に関われるのではないか?
  • 公務員の仕事の質を高めるためには、民間企業と同じような仕組み(能力重視)が必要なのではないか?
2)30代男性

  • 公務員給与に関しては費用対効果を考慮すべきだ。
  • 給与を上げて公務員のサービスがどう向上するのかをハッキリ市民に伝えるべきだ。
3)50代男性

  • 公務員は楽だ、という風潮を断ち切る必要があるのではないか。
  • 公務員職の中でも民間企業のようなルールの設定が必要だ。
  • 市民の方からも「給与アップ賛成」との声があがるように、公務員、議員らは、しっかりとした活動を提示する必要があるのではないか?

4)20代男性

  • 費用対効果が上がるのであれば公務員全体の給与は上げてもいいと思う。
  • 市民は公務員が給与に見合うだけの「働き」をしているのか、知るすべがない。
  • 給与に見合う、それ以上の「働き」をしている公務員もいるはず。
  • 公務員の仕事内容を市民に提示し、それを市民がどう判断するか、などの中で市民が政治に関心を持ちやすくなるのではないか。
  • 山中議員には給与が無駄に高いと思われる公務員のサービスをもっと充実させてほしい。
5)40代女性

  • いままで松戸市の発展が全くないのがすごく不満だし、常磐線沿線は他と比べて古いと感じる。
  • 保育園への取り組みが皆無だ。
  • 松戸市の多くの議員さんは、働いてないという印象が強い → そういう人は辞めて欲しい。
  • 山中議員のような人が出てくるまで松戸は全くだめだった。
  • 山中議員へ → 朝の演説だけではものたりないので、もっとこのような会を設けて欲しいし、松戸市には市民参加イベントやそういった目的用に施設などを活発に使わせて欲しい。
6)40代女性

  • ある町会長が言っていた「松戸市の議員はもういらない、自分たちが実費でやるほうがましだ」と。
  • 一般市民にとっては、議員が何してるかが、全くわからない。
  • 私は議会をたまに見に行くが、本当に退屈でわざわざ行く価値がないと強く感じる。
7)50代男性

  • 今の議員は地域代表が多く、一部の利権者が当選し続けている状況だ。
  • 松戸議員の数は今の半分でよいはずだ。
  • 海外の議員はボランティアでやっているケースもある。
8)30代男性

  • これから政治を学びたいと思う
  • 数人の松戸議員に質問メールを送ったが、返事が来たのは山中議員だけだったので今回参加した。
  • もっと山中議員のような議員の活動を強く望む。
  • 議員の声が松戸市の多くの市民に届いていない現状に対し、どうわかり易く伝えて行くのか、どう巧く市民に伝えて行くかを検討して欲しい。

ここで今回ご参加いただいた各地のゲスト議員さん達のご意見を伺いました。
(※編集上、進行の時系列とは異なっています)

川田議員(埼玉県日高市 市議会議員)

  • 公務員でも一般職は給与上げに賛成(しっかりとした仕組み作りを前提としてだが)、特別職(市長・議員)は反対。特別職は給与ではなく、「報酬」という形だから。
  • 仕事の質を問わないで報酬のみ上げるというのでは、理屈として市民に理解が得られないのではないか。
針貝議員の意見(鎌ヶ谷市 市議会議員)

  • 鎌ヶ谷市は金欠なので実際に議員給与を削減した。
雨宮議員の意見(成田市 市議会議員)

  • 議員活動は一生懸命やればやるほど経費(調査・学習・宣伝)などにお金がかかるため、報酬より、政務調査費を上げるべきだと思う。
  • 特別職は報酬制を給与制にすべきだ。
  • 公務員職員をいかにうまく働かせるかがポイントで、働きを評価する機関が必要。その評価方法は、縦でなく横の連携で、外部に委託するなどの実例もある(京都の例)。
松本議員の意見(柏市 市議会議員)

  • 費用対効果導入は難しい、その方法が見えにくい部署がある。
山中(松戸市 市議会議員)の意見

  • 議員についてはその資質によって報酬を設定すべきだと思う。
  • 議員としてどのように働くのが効果的なのかを日々模索している。
  • しっかりした活動をしているのなら給与は上げるべきだと思うが、松戸市は借金・公務員の不祥事が多く、現在は上げるべきではないので当面は「反対」だ。しかし、本当に給与アップが必要だと思う場合において、それを市民にしっかり説明(対費用効果の提示など)できると思った場合にのみ「賛成」とする。そして、その場合には必ず市民の皆様に報告をさせてもらうことを約束する。

その他

  • ほとんどなにも仕事しない議員がいるのも事実。だけどその議員を選んだ(松戸市では2000票以上あれば当選する)のも市民のみなさん、これをどう思うか?もちろんそんな議員は落とすべきだし、そんな議員にぶら下がっている市民も問題だと思う。
  • 町会長の参加も必要だ、そして今の世代の若い人たちの参加を強く望んでいる。
総括

  • 公務員の給与報酬に関しては、「上げろ」「下げろ」というだけの採決では意味がない。
  • 公務員一般職員には、年功序列から脱却し、その働きに応じて給与上下が流動的になるような仕組み作りを目指す。
  • 松戸の公務員特別職(市長・議員)の報酬アップに関しては今はその時ではないが、将来的に市民の満足度調査などを行い、そこで認められた場合のみ、報酬アップという形が望ましい。
  • これからの取り組みとして、公務員特別職の働きに対する費用対効果を市民に確実に伝える仕組み作りを目指す。
  • その足がかりとして、市民の皆様には今後の山中活動報告会や、来年開催のやまなか議会へ積極的に参加していただき、屈託のないご意見を聞かせて欲しい。

これでやまなか議会の第1部が終了しました。

10分程度の休憩を挟んで、第2部が再開されました。

「やまなか議会:第2部」へ

更新日時: 2008/12/03  カテゴリ: ライブレポート2008

08年「やまなか議会」レポート第3部 一般質問

【第3の議題】

■一般質問

ご参加いただいた皆様のご意見

1)20代女性

  • 先日友人がリストラされた。友人は子どもを保育園に預けているが、2ヶ月以内に再就職が決まらないと保育園をやめなければならないという現状。
  • 同じように悲惨なケースが松戸にあるのかを山中さんに一般質問で聞いて欲しい。
2)20代女性

  • 36年議員やっている人の話を聞いたが、任期の制限などないのか?
  • 長く議員をされている方が、どの程度今の世代の意見を吸い上げているのだろうか?
山中

  • 任期に制限はない。個人的には多選はよくないと思っているが、議員の長期任期は、市民の判断だと感じてる。
雨宮議員

  • 投票に行かないのは現状に満足しているから? そうは思わない。
  • 一般の方が投票に行かないと、固定票(必ず目的の党に投票する層)のみになり、民主主義が危ぶまれる危険性がある。
  • このことから、投票率で議員数を決めるという案は、危険ではないだろうか。
3)20代女性

  • 議員の質を上げるために、市民にできることは何かを知りたい。
  • 優れた議員が再当選しやすい状況を市民としてどう作り上げていったらいいか。
  • 政治の素人だと思うOLの自分でも松戸の将来のために何ができるのだろうか?
山中

  • 政治の素人でかまわないと思う。
  • ご自分が立候補できないかわりに、同じ考えの議員を押す(同じ考えの議員の言葉を世間に広めて行く)こと、無関心でいないことが大事なのではないか。
  • このような会に来てくれること自体がとてもうれしい。また、ボランティアなどの活動に参加して欲しい。

最後に司会の秋本さん、後援会長の中村さんらによるコメントで

山中議員の学生時代の思い出が語られ、本人が「もうそのへんにして!」という

ほほえましい場面もみられました。

こうして3時間を超えた今回のライブも終了しました。

最後に山中よりコメントです。

 皆様、先日は足元の悪い中にもかかわらず、「やまなか議会」へお越しいただきましてどうも有難うございました。

 初めてゆえ試行錯誤の取り組みでしたが、皆様のご協力のお陰があったからこそ当日の有意義な時間が実現したのだと思っております。

 今後「松戸市議会議員」として、折を見て皆様の意見を取り上げてまいります。その結果等につきましては、順次おってHP上などで報告します。どうぞ今後とも宜しくお願いします。

「やまなか議会レポート:第1部 」へ戻る

更新日時: 2008/12/03  カテゴリ: ライブレポート2008

08年「やまなか議会」レポート第2部

会場にいらした方々へのアンケート(第1部が始まる前に用紙を配りました)

結果

1位:議員定数の削減について
2位:市議会の完全生中継(コアラ・インターネット)
2位:「議員だより」で一般質問の質問議員の実名公開
4位:乳幼児医療費助成の年齢引き上げ(3歳児から6歳児まで実現した)

により第2部は下記議題に決定しました。


【第2の議題】

■議員定数の削減について

《議論を始める前に》

●現在、松戸市には46名議員がいる(目安として約1万人に一人と言われている)

●千葉県の他地域と比べると、松戸市の議員数が一番多い

●本当に46人も必要なのだろうか

●6人減らせば約3億円が浮く → 公共サービスに使ったらどうか

●これらの理由から議員数を6名減らし、40名にすることはできないだろうか?

《参考として》

成田市

  • 人口:125000人
  • 議員数:30名(前回選挙で−4人削減)

日高市

  • 人口:57000人
  • 議員数:18名(前回選挙で−4人削減)

鎌ヶ谷市

  • 人口:104000人
  • 議員数:27名(前回選挙で−5人・次回選挙で−3人の削減が決定済み)

柏市

  • 人口:390000人
  • 議員数:40名(前回選挙で−6人削減)

松戸市

  • 人口:480000人
  • 議員数:46名

ご参加いただいた皆様のご意見

1)40代男性

  • 有権者の投票率によって議員の人数を変えてみてはどうか?投票率50%なら50人、35%になったら35人など。
  • 議員数が減った場合に備え、予備議員を常においておく。
2)30代男性

  • 投票率が上がらないのは松戸市の政治に興味がない人が多いからで、裁判の陪審制のように強制参加にしてみては?
  • 平時と有事に総数をフレキシブルに増減できる仕組みがあるといい。削減に関して足りない部分は市民の強制参加はどうか。
  • 新松戸の高齢化が進んでいるので、若い人を引き入れる対策を望む。 → 松戸ブランドの確立を望む
参考までに(山中)

  • オーストラリアでは義務での投票(行かないと罰金)、日本はどうするべきだろうか?
  • 投票率が低いのは、血を流していない民主主義の弊害ではないだろうか。
  • 投票率が低いということが平和である、という意見についてどう思だろうか。
3)30代男性

  • 減らすべきだと思う。
  • マレーシアも投票は強制参加、北朝鮮は投票率100%である。
  • 情報公開の速度を早めることが必要で、情報公開していない議員を落とすべきだと思う。
  • 議会チェックが出来ていれば議員の仕事はOKだと思う。
4)20代男性

  • 減らすべきだと思う。
  • 当選枠が減れば、議員当選するために試行錯誤するのでクオリティが上がるのではないか?
  • 減らす6名に関してどのような人なのかを調べるべき。
5)40代女性

  • 柏市のように魅力的になるなら減らすべき
  • インターネットでもっと情報公開をすべき
参考までに(山中)

  • 松戸議会録画中継ホームページはアクセスが少ない
    (今年度月平均は約2842件 集計は’08/4〜10までの平均、
    議会のある、3・6・9・12月は増える傾向にある)
  • 約2842件の内、議員や関係者の閲覧が多い可能性が高い、実際に何人の市民が観ているのか疑問だ。
  • 配信されている議会録画の内容も編集されたりする場合がある。
6)20代男性

  • 投票率で議員数を変えるのは賛成
  • 山中議員に意見 → 自分のまわりでは、政治に興味がある若者が多いと思うのだが、どう参加していいかわからないという意見がめだつ。そこをサポートして欲しいのだが。
参考までに(山中)

  • 教育現場では、生徒が国会見学には行くのに市議会見学には行かないという矛盾
  • 中学、高校などでの政治教育の推進の必要性(投票のやり方など講座をするべき:関連記事) を感じる。
  • 学校などで積極的に政治に関する事を教えるべき(NPO法人ドットジェイピーインターン生T君)
7)50代男性

  • あくまで議員の質にこだわるべきだ。
  • アイデアとして、無報酬の議員を100人増やすなどもよいかと思う。

8)30代男性

  • 教育関係の仕事をしている。
  • ブログで授業内容を掲載しているが、多数のアクセスがあり、アクセス時間など分析すると、子ども以外にも親御さんも多く閲覧していると思われる。また、分数の割り算の仕組みをちゃんと説明すると子どもは興味を示した。
  • このように、市民の興味の高そうな、野球イベントなどから政治につなげるなど、チャンスはいっぱいあるはず。そういう取り組みを議会でもすべきだと思う。
9)40代女性

  • 議会改革について
  • 行政側の答弁はだらだらとしていて、議員の質問時間が減ってしまう。議員の質問時間だけで1時間を確実に確保するなどして、答弁は無制限などの案はどうか
  • 議会中継はカットしない状態で閲覧したい。
  • 傍聴をどうやったら増やせるかを検討すべき。
  • 小学校からの政治教育の必要性を強く思う。
参考までに(山中)

  • 議会録画はヤジなどほとんどマイクで拾えてない。
  • 前に座っている議員(新人)から後ろの議員(ベテラン)はほとんど見えない(何をしていてもわからない)。
  • 本来の議会の姿を伝えるには、議会中継は生中継でやるべきだと思う。
参考までに(雨宮議員)

  • 投票に行かないのは現状に満足しているから? そうは思わない。
  • 一般の方が投票に行かないと、固定票(必ず目的の党に投票する層)のみになり、民主主義が危ぶまれる危険性がある。
  • このことから、投票率で議員数を決めるという案は、危険ではないだろうか。
10)40代女性

  • 議会を傍聴しやすい工夫(日時を土日にやる、時間を調節するなど)をして欲しい。
  • 議案に対して各議員それぞれの賛否がわからないなんて信じられない。
  • 情報公開に対して議会全体で真剣に取り組んで欲しい。
参考までに(山中)

  • 議案に対して各議員それぞれの賛否を公開する件に関して、我孫子市では電光掲示板ですでに行っている。松戸市だって可能なはず。
11)40代女性

  • 山中議員に期待して投票した。
  • 今期投票するかは山中議員の活動次第によって決める。
  • 山中議員の理想を追求するためには会派を組む必要性もあるのでは。
参考までに(山中)

  • 絶対組まないと決め付けているわけではない。柔軟に考えているが、会派を組むことでのデメリット(意見を貫けないなど)も考慮している。
  • 市民の皆様は、選挙時には、その議員候補の政策で選ぶが、その当選議員が当選後にどの会派に入るかかなどわからない。
  • キメの細かい意見を貫ける会派でなければならないと思っている。
参考までに(川田議員)

  • 可能なら山中さんと会派を組みたい(笑)
  • 議員には、「議員になることがゴール」な人が多い「議員になることがスタートライン」な人がいる。
  • 山中さんが仮に松戸で極まれな少数派だとするならば、それは、市民意識の反映なのではないだろうか。またそれは市民の意識の「変革の兆し」なのかもしれない。

ご参加いただいた各議員さん達のご意見
(※編集上、進行の時系列とは異なっています)

川田議員(埼玉県日高市 市議会議員)

  • 自分の街に対して何が必要なのか、何が欲しいのか、を議論してそれに見合った数を検討すべきだと思う。
針貝議員の意見(鎌ヶ谷市 市議会議員)

  • 議員数は本来、一番大変な時期(有事など)に合わせて決められている。
雨宮議員の意見(成田市 市議会議員)

  • 市民が議員を減らそうと思うのは、実は、行政にとっては好都合で、行政のチェック機能として議員は必要(減れば減るだけ行政の内が見えなくなるから)
  • 議員としての「仕事」をやらない議員がいるからいけない。
  • 単純に減らせば良いと言う問題ではなく、質を問うべきだ。
  • 提案→ 選挙で選ばれる前に就職試験をすべき(やる気、知識のない者を省ける)→ 議員のレベルが上がる
松本議員の意見(柏市 市議会議員)

  • 議員数削減は慎重に検討すべき問題だと思う。
総括:

  • 議員数は減らす方向で行く。
  • 同時に議員をテストするなど、議員の資質を高める取り組みを行う。
  • 議員のチェック機能と情報公開の徹底を行っていく。
  • 松戸議会生中継の必要性をさらに追求していく。(過去:賛成は山中、他議員1名のみ)

この時点ですでに予定時間を30分以上押していたため、

そのまま第3部の一般質問へと続いて行きます。

「やまなか議会:第3部 一般質問」へ

更新日時: 2008/12/03  カテゴリ: ライブレポート2008

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!