トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

4年に1度の市議選で、真の改革派議員を増やせ!!

減らせ!議員定数市長選はまだ終わっていない(気がする)!!
どうなる、今後の改革!?

今期最後の定例会は、本郷谷市長には最初の定例会でした。連日、多くの議員から市長の「55のマニフェスト」に厳しい質問が浴びせられ、各議員の前市長時代とのスタンスの違いが明確に出ていた気がします。

市民が選んだ本郷谷市長の改革が失速してしまうか、それともしっかりと完遂できるかどうかは、11月に行われる市議選で当選した議員がどんな構成になるかにかかっています!!

【一般質問より】
本郷谷市長に対し、政治理念やマニフェストの展望を伺いました。市長は「市民」をキーワードに、市民参加や民間の感覚を市役所に取り入れようと熱意をもって答弁しました。
具体的には、既に黒塗りの市長車の利用をやめたことや、以前私が質問した「乳幼児医療費助成」を更にパワーアップして「子ども医療費助成」(小学校卒業まで対象)にするなど、早くも実績も出しました。今後は自治基本条例の制定など、更に市民参加を促進し、新しい自治体モデルを目指すとのことです!
今後も私は、子育てや生活に密着する政策を後押しします!!

※一人会派は幹事長会議に入れない


◆今月のけいじの主張◆

4年に1度の市議選で、真の改革派議員を増やせ!!

本当の改革は、これからだ…!!

更新日時: 2010/10/10  カテゴリ: けいじの政治

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!