トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

しっかり選ぼう!人事案件

◇これでいいのか!?人事案件◇

 人事案件は 、‘慣例’により議会最終日に市長から提出されます。全部重要なものですから、慎重に審議しなければなりません。

 しかし、市の資料には生年月日と学歴・職歴くらいしか書いていないので、なぜその人を選んだのかという理由が不明瞭で、具体的な判断基準が分かりません。そこで、議会で尋ねました。

☆けいじの視点☆
①見たことも会ったこともない個人を、どういう基準で選べというのか?
 ⇒個人の能力や適正が分かる情報を提示せよ

②議案の提出が急(=当日)なので、判断に必要な情報収集の時間が足りないのではないか?
⇒確定しているなら、もっと早く出すべきだ

【十分な答弁は得られず】
 人事はもめずに「全会一致」が慣例(?)のようで、私が質疑しただけでヤジが飛びます。が、今後も諦めずに追及します。少しでも
意味のある議会にするために!!

◇しっかり選ぼう!人事案件◇
ほとんど毎回のように、何らかの「人事案件」が議会に「議案」として提出されます。

★人事案件とは…
市長が副市長・教育委員会の委員・公平委員会委員・人権擁護委員・固定資産評価委員などの人事を選び、議会に同意を求めるもの。

けいじの政治 vol.13-4

【けいじの政治 Vol.13-4】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

更新日時: 2010/01/12  カテゴリ: けいじの政治

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!