トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

壊滅の危機の「農地」を守れ!

【2009年12月の一般質問③ 実は重要、松戸の農業!】

◆松戸市にも農地が必要な理由◆

※写真はイメージです

※写真はイメージです

 松戸で農業、と聞いてピンとこないのも無理はありません。

 と言うのも、今や農家の人口比率は僅か1%未満(0.9%)、 耕地面積は市域の1割強(12.9%)に過ぎません。
農地の確保は、食料・エネルギー面だけでなく、自然環境の保護や景観、災害時などにも力を発揮し、広く経済効果に影響します。普段は意識していなくても、我々の生活を影で支えていてくれる必要不可欠な存在です。

 しかし、高齢化や後継者不足、経営困難などで、農家数は減る一方。このままでは今の畑や田んぼも‘マンション’や‘駐車場’に姿を変えてしまうでしょう。人工的な街の姿になり、我々はますます「土」から離れた生活を強いられてしまいます。今こそ、手を打たなければなりません。

【山中の提案】
市が責任を持って農地確保に取り組んだ上で、市民が広く農業に協力できるような仕組み作りを急ぐべき。(例:直売所など)また、話し合いの場である「農業振興協議会」などもどんどん公開 (オープン )にして、市民に方向性を示すべき!

【けいじの政治 Vol.13-3】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

【けいじの政治 Vol.13-3】この画像をクリックでダウンロードしていただけます

更新日時: 2010/01/12  カテゴリ: けいじの政治, 一般質問

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!