トップページへもどる 文字サイズを小さくする 文字サイズを大きくする 文字サイズ
活動報告

剪定枝や草などの試験的な焼却について

※こちらは、2011年11月17日現在の情報です。最新情報は松戸市役所(HP)へお尋ねください。
※また詳細は松戸市ホームページでも公開しています

◇◆◇

剪定枝や草などの試験的な焼却について

1. 剪定枝等の焼却を試験的に再開します。

本市では、市の焼却施設の「飛灰」から、国の埋め立て基準8, OOOBq/kgを超える放射能が検出されたことを受け、剪定枝や草などを別収集し、日暮最終処分場で一時保管しております。しかし、剪定枝の保管場所が限界に来ておりますので、11月18日(金)より、クリーンセンターで試験的に剪定枝等の焼却を再開いたします。

2. クリーンセンターの飛灰以外は最終処分場が確保できました。

市民の皆様の剪定枝分別などのご協力のおかげで、和名ヶ谷クリーンセン夕一の飛灰は4, OOOBq/kgを下回り、その結果、クリーンセンターの飛灰以外は、全て最終処分先の確保ができました。秋田県小坂町での受け入れは認められておりませんが、11月15日、16日に、秋田県、小坂町などに環境担当部長、担当者が出向き、飛灰の放射能の状況などを説明させていただきました。今後も信頼回復に向けた努力を重ねます。

◇◆◇

(参考資料1)剪定枝や草などの試験的な焼却について

1.試験的焼却を始める理由

(1)剪定枝などの一時保管場所がこれ以上確保できません。
(2)8,000 Bq/kgを超える飛灰は「放射性物質汚染対処特措法」の指定廃棄物として国がその処理を実施する動きがあります。

2.試験的な焼却の方法

(1)第一段階 11月18日(金)から11月28日(月)までの11日間
焼却する剪定枝等の量が、クリーンセンターの全焼却量の1 /10 以内になるように搬入量を調整して焼却します。

* この期間、クリーンセンターは2炉運転で、焼却予定量が190t/日なので、混焼する剪定枝は19t/日以下に調整します。具体的には、家庭ごみ集積所から剪定枝等を収集している6台の委託車両の内、4台をクリーンセンターに振り分け、計量後に焼却します。ちなみに、4台分をクリーンセンターに入れることで一日約16 tの剪定枝が入る予定です。

* クリーンセンターに入る委託車両の剪定枝等については、毎日、放射能濃度を測定します。

* 灰(主灰・飛灰)についても放射能濃度を毎日測定します。

* 排ガスの放射能濃度は、第一段階の最終日である11月28日に測定する予定です。

(2)第2段階 11月29日(火)以降

第一段階の結果を見ながら、剪定枝の混入割合を変化させ焼却します。その際、同様の測定を実施します。混入割合の判断基準は、飛灰の放射能が20,000 Bq/kgから30,000Bq/kgの間に落ち着くことを目安にします。

3.試験結果の公表
焼却灰の放射能濃度は、市のホームページ等で速やかに公表します。

4.和名ヶ谷クリーンセンターの扱い
和名ヶ谷クリーンセンターの焼却灰は飛灰の放射能が4,000 BQ/kg以下となり、主灰も飛灰も最終処分ができていますので、当面は、和名ヶ谷クリーンセンターでは剪定枝の焼却はしません。

クリーンセンターでの試験的な焼却の結果で今後の方針を決定します。

◇◆◇

(参考資料2)焼却灰の処分先

和名ヶ谷クリーンセンター

・主灰 ①山形県米沢市 ②群馬県草津町 ③長野県中野市

・飛灰 ①山形県米沢市 ②群馬県草津町

クリーンセンター

・主灰 ①山形県米沢市

・飛灰 8,000Bq/kg以上で最終処分不可 ⇒ 場内に一時保管


●焼却灰の放射能濃度抜粋(単位 Bq/kg)

第1回
7月4日
第10回
10月4日
第12回(最新)
11月1日
クリーンセンター 主灰 1号炉 2,290 594 473
主灰 2号炉 休炉 680 休炉
飛灰 47,400 19,560 10,500
和名ヶ谷
クリーンセンター
主灰 1号炉 1,739 859 531
主灰 2号炉 1,819 休炉 471
主灰 3号炉 2,027 839 休炉
飛灰 10,500 4,820 3,860

詳細は松戸市ホームページで公開しています

●8, OOOBQ/kgを超える飛灰の保管状況

11月14日(月)現在
クリーンセンター スロープ下: フレコンバック 25袋 15.69t
駐車場 : フレコンバック 150袋 91.95t
計   : フレコンバック 175袋 107.64 t
和名ヶ谷
クリーンセンター
コンテナ積み置き分 2台 約20t


(参考資料3)●剪定枝等の保管状況(単位t)

7月 8月 9月 10月 11月(9日まで) 累計
119 274 709,00 837 212 2,150

* 日暮最終処分場内では、近く、剪定枝置き場の拡幅作業を実施し、山になっている剪定枝を平らにする予定です。
* 日暮最終処分場以外での置き場も探しておりますが、大量に置ける場所の確保は困難です。

更新日時: 2011/11/21  カテゴリ: 松戸情報Q&A

《+》文字サイズを拡大する《−》文字サイズを縮小する

《↑》ページの先頭へ移動する

トップページへもどる
初めての方へ活動報告山中けいじが目指すもの政治を身近に!